必要とされる目の健康~ブルーベリーサプリメントで疲労の緩和~

最新の免疫療法でがん治療だけではなく脳梗塞と動脈硬化もアプローチ

意外に多いブルーベリーサプリメントの需要

ブルーベリー

ブルーベリーが目の健康に良いということは多くの人に知られていますが、毎日食べ続けることは困難です。ブルーベリーの成分はサプリメントで摂ると手軽で長続きします。パソコンの普及に伴って、ブルーベリーサプリメントはますます注目されています。

ブルーベリーが必要とされる理由

年齢を重ねた人が感じる、新聞の文字が読みづらいなど、いわゆる老眼と呼ばれる症状の緩和にブルーベリーが有効だとされています。年齢を重ねた人だけでなく、最近では、長時間のパソコン作業などで目を酷使した場合のケアや、小さな文字がかすんだり、視界がぼやけたりする人などにも重宝されています。ハンドメイドをする時の、細かい手元の作業を見る際にもブルーベリーがおすすめです。ブルーベリーは、幅広い年齢の人に求められています。

こんなに目に良い!ブルーベリーの栄養価

ブルーベリーの栄養価と言えば、抗酸化作用や眼精疲労の回復などに効果が期待できるとしてアントシアニンが有名ですが、含まれる成分はそれだけではありません。ブルーベリーは、美肌作りに欠かせないビタミン群、食物繊維などが豊富に含まれた栄養価の高いフルーツです。

アントシアニン(ポリフェノール)
アントシアニンとは、植物に含まれる青紫色の色素で、ポリフェノールの一種です。抗酸化作用が強く、活性酸素の動きを抑制する役割をします。眼精疲労の回復や、肝臓の機能をサポートしたり、血糖値の上昇をゆるやかにしたりするなどの効果があります。アントシアニンは、目に関しての特徴がクローズアップされがちですが、生活習慣病の改善にも効果が期待できるとして注目を集めています。
ビタミン
ブルーベリーには、眼精疲労や夜盲症に効果が高いとされるビタミンAや、抗酸化作用が高く血液の流れを良くするビタミンC、細胞を健やかにしてくれるとされるビタミンEが豊富に含まれています。いくつかのビタミンを同時に摂取することで相乗効果が生まれ、ブルーベリーに含まれるビタミン群は、お互いの成分が働きやすいバランスを保っています。
食物繊維
水溶性の食物繊維も、不溶性の食物繊維もどちらもブルーベリーには含まれています。水溶性の食物繊維は、食後の血糖値が急激に上昇するのを抑制すると同時に、余分なコレステロールの吸収も抑えてくれます。生活習慣病には欠かせない成分だと言えるでしょう。不溶性の食物繊維は、体の不要なものの排出に大変有効です。老廃物を排出し、美肌作りも期待できます。

目の疲れを改善するメカニズム

ブルーベリーが目に良いという内容の話を一度は耳にしたことがある人がほとんどなのではないでしょうか。では、実際に、ブルーベリーが目に良いと言われる理由は何かご存知でしょうか。網膜にあるロドプシンという物質が、光の情報を受け取った時に、分解されて脳に電気信号を送ります。受け取った電気信号により、脳は目で見えたものとして処理します。分解されたロドプシンは再び合成され、また新たな光を受け取ります。そのように分解と合成を忙しく繰り返すロドプシンの、再合成をサポートするのがアントシアニンです。アントシアニンは即効性があるため、摂取してすぐに効果を期待できますが、効果は持続性がないため、日々摂取する必要があります。

賢い栄養摂取で目の若返りをしよう

アントシアニンが目の疲労回復をサポートするのに有効だと言われますが、効果に持続性がないため、日々摂取する必要があります。ブルーベリーを毎日摂取するのは困難なため、ブルーベリーサプリメントで補う方法が手軽でおすすめです。

価格と栄養素のバランス

栄養を効率よく摂取するなら、やっぱり高いブルーベリーサプリメントを選んだ方がいいですか?
必ずしも価格と品質が比例するとは言い切れませんが、なぜその商品の値段が高いのかを調べてみることをおすすめします。吸収率がアップするような製法で作られている場合や、天然成分のみを使用しているなどの場合は価格が高くなる傾向があります。

加工法で変わるサプリメントの種類

タイムリリース加工
ブルーベリーサプリメントの加工法のひとつで、体の中でサプリメントが少しずつ溶けるように工夫されています。ビタミン類は、一定量を超えるとそのまま尿へ排出されてしまうため、一度に多く摂取しても、必要量以外は摂取できません。少しずつサプリメントが溶けるようにすることで、少しでも多くの量を吸収できるようにと考えられた加工法です。
キレート加工
ミネラル分はもともと吸収率があまり良くない成分です。「キレート」とはギリシャ語で「カニのはさみ」を意味します。ミネラルの吸収率を上げるために、表面をアミノ酸で挟み込み、小腸から吸収しやくしたものがキレート加工です。この加工をしていないと、ミネラルは吸収されにくいため必ずチェックしておきたい加工法だと言えるでしょう。

1日に必要な摂取量の目安を知ろう

ブルーベリーサプリメントを選ぶ際に、アントシアニンがどのくらい含まれているかをチェックして商品選びをしたいものですが、アントシアニンは1日でどのくらい必要なのでしょうか。一般的に、アントシアニンの効果を期待するには、1日に約40mg~90mgの摂取量が必要になるとされています。商品によっては、ブルーベリーエキスがどのくらい配合されているか、という内容の表記だけで、アントシアニンの量が記載されていない場合があるので注意が必要です。

ブルーベリーと一緒に摂取するならアスタキンサンチンがおすすめ

ブルーベリーサプリメントと一緒に飲んで相乗効果が期待できる成分として「アスタキサンチン」があります。筋肉が疲れを感じる成分をアスタキサンチンが老廃物として血液中に排出します。また、アスタキサンチンには筋肉の疲労回復をサポートする機能があり、目のピントを合わせる時に使う毛様体筋にも効果が期待できます。青汁やその他の健康食品などにも含まれていることもあり、一緒に摂取してみてはいかがでしょうか。

TOPボタン